令和2年 研究所一般公開など

2020年(令和2年)版


私的用にまとめたものなので、情報が間違っている場合があります。
責任は負えませんので、必ずWEBサイトなどで確認してから行ってください。
私が行く予定のものは「赤文字」にしてあります。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月25日(土) 
「NTT横須賀研究開発センタ一般公開2020」
https://www.ntt.co.jp/svlab/event/event-2020/pubcitizen2020.html




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月3日(火)~3月6日(金)
「SECURITY SHOW 2020」
https://messe.nikkei.co.jp/ss/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月15日(水)13:00~17:00
労働安全衛生総合研究所(清瀬地区)一般公開
https://www.jniosh.johas.go.jp/announce/2020/open2020/index.html


4月16日(木) 13:00~17:00
労働安全衛生総合研究所(登戸地区)一般公開
https://www.jniosh.johas.go.jp/announce/2020/open2020/index.html


4月18日(土)
理化学研究所 和光地区一般公開」
http://openday.riken.jp/





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月23日(金)〜10月24日(土)10時~16時30分
東京大学柏キャンパス一般公開」
http://www.kashiwa.u-tokyo.ac.jp/openhouse/index.html

2020/01/16 駒沢散歩 01 駒沢大学駅/宗園寺/旭小学校発祥之地/飯縄大権現/松之木都市林/庚申塔

24時間勤務アケで、東急田園都市線駒澤大学駅から東急大井町線九品仏駅まで散策。

この日記のエリアは駒澤大学駅周辺から駒澤大学の手前まで。                                    


駒沢大学駅





スタートの東急田園都市線駒澤大学駅。



◆宗園寺



開基は心覚宗円大庵主北条左近太郎入道成願で、文保元年(1317)十月二十三日寂した。
当時は若宮八幡宮別当寺であった。
本尊は釈迦如来坐像、創立当時は小さな草庵であったが、寛永十年(1633)喜山正存和尚が中興した。
境内に木像の「しょうづかの婆様」の小堂がある。江戸時代初期の頃からまつられたもので、疫病よけに霊験あらたかであるといわれている。



石塔

真ん中の庚申塔以外はよくわからない。


「?」

コチラは何らかのお堂だと思われるが判らない。


山門




◆旭小学校発祥之地



宗園寺の門前にあった。
WEBで調べたが細かい事はよくわからず、現地には説明板は無かった。


飯縄大権現




近くに居た猫ちゃん。




◆松之木都市林

中には入ることはできなかった。
竹林などもあった。




庚申塔






続く。

2020/01/14 弦巻散歩2 07 若林天満宮/若林中央商店会/西太子堂6号踏切/若林駅/山下駅/豪徳寺駅

散歩は若林駅でゴール。
あとは世田谷線山下駅へ移動。
豪徳寺駅から小田急線で帰った。


◆若林天満宮


境内社


階段



歩道橋から





◆若林中央商店会



西太子堂6号踏切




すぐ脇が若林駅



若林駅



東急世田谷線若林駅で、ゴール。
ちょっと歩き足りなかったけど、せっかくのお休みだったので家のことをいろいろするために帰る。



山下駅



東急世田谷線山下駅
小田急線に乗り換え。



豪徳寺駅

小田急豪徳寺駅



豪徳寺駅前のニャンコ。




東急世田谷線沿線は情緒があっていいね!
延伸して中央線に接続してくれないかなあ・・・・。

2020/01/14 弦巻散歩2 06 常盤塚/駒留八幡神社/常盤陸橋/庚申堂/庚申塔/天神歩道橋

こちらでも北東に進む。



◆常盤塚





◆駒留八幡神社




 祭神は天照大神応神天皇。北条左近太郎入道成願は、当時この地の領主で、あつく八幡大神を崇敬し、徳治三年(1308)社殿を造営し、経筒を納め駒留八幡とあがめたてまった。その後世田谷城主吉良頼康は、その子の追福のため、八幡宮に一社相殿として祀り若宮八幡と称した。また、その母常盤を弁財天として配ったのが、厳島神社である。



楽殿



菅原社/榛名社/三峰社/御嶽社




女塚社



駒留稲荷神社


厳島神社



戦没慰霊傳



鳥居1



鳥居2





◆常盤陸橋

環七と世田谷通りが交差するところ。







下が環七、上が世田谷通り



◆庚申堂






庚申塔





                                                                ◆天神歩道橋






続く。

2020/01/14 弦巻散歩2 05 常在寺/世田谷中央病院/火の見跡/ごっつい世田谷/松陰神社通り/北原白秋旧居跡

まだまだ北東に進む。



◆常在寺



境内社



地下庭園



山門




◆世田谷中央病院




◆火の見跡






google mapのマークは上の写真の場所あたり。
現地には説明板など何もなかった。



◆ごっつい世田谷

懐かしの木の電柱に惹かれて写真を撮った。
区内じゃほとんど見なくなったよなあ・・・・。



松陰神社通り

おそらくこのまままっすぐ行くと2019/11/02にいった松陰神社に着くと思われる。
2019/11/02 02 梅ヶ丘散歩 03 若林公園/桂太郎墓/松陰神社/松陰橋/厚徳橋/杉大門橋 - ovanの社会科見学




北原白秋旧居跡




北原白秋住居跡
 歌人・詩人・童謡作家であった北原白秋は、その生涯五十七年のうち、四十四歳から五十五歳までの十二年間、世田谷区内に在住していた。
  此の所若林三丁目十五番に、昭和三年四月、旧馬込町(大田区)から移転してきた、区內最初の住所地で、「世田谷風塵抄」と題する一連の短歌を詠んでいる。
   霾(つちふ)らし嵐吹き立つ春さきは代々木野かけて朱の風空
   風面朱に吹き立つ春真昼ゑぐき埃に食(じき)いとふなり

   木檞(もっこく)のしづけき空へちりかけて桜はしろし光る花びら
   風たまゆら土にしづけき花びらのひとつ舞ひ立ちはらら皆立つ
 彼は、昭和六年初夏、 今の砧六丁目十三番(旧大蔵の西山野)に、次で昭和十一年一月、今の成城一丁目三十二番に移転、翌十二年十一月、 眼底出血をおこし、昭和十五年四月、杉並区阿佐ヶ谷に転居、同十七年十一月三日逝去した。




続く。

2020/01/14 弦巻散歩2 04 向井潤吉アトリエ館/親和橋商店会/親和橋/世田谷区事務センター/向天神社跡/いぼとり地蔵尊

先程のエリアから北東方向へ。



◆向井潤吉アトリエ館

この工事している建物がそうらし。



休館中とのこと。
向井潤吉 1901年(明治34年)~1995年(平成7年)
日本の洋画家とwikiにあった。
世田谷美術館の分館だということだ。
HP↓
世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館




◆親和橋商店会






◆親和橋







◆世田谷区事務センター




◆向天神社跡




google mapのマークはだいたい上の写真のところ辺り。
面影は全くないうえに説明板などもない。





◆いぼとり地蔵尊



江戸時代のその昔
 このお地蔵さまは、約三百年前寛延四年(1751)に弦巻村の女性ニ十一人が浄財を出し合 って作ったもので、いぼとり地蔵さん(現在の癌や腫蕩を治す) として近隣の人々から敬愛され親しまれてきました。
 いぼ(腫瘍)が出来たとき、このお地蔵さまの台座前にある小石を借りて病んでいる箇所を撫でると不思議なくらいいぼが取れたそうです。全快したら借りた小石を倍にして置けば良いと言い伝えられていました。
 現代では、小石がなかなか見つからない為お寺でご用意したお経のあがった石を病んだ箇所に撫でて下さい。
 病気平癒、身体健全など参詣してお願いをすれば、きっと良いご利益を受けられます。






続く。

2020/01/14 弦巻散歩2 03 駒沢高射砲陣地跡/パオン昭月/駒沢地区会館/駒沢緑泉公園/蛇崩川水源(北中丸支流)/駒沢はらっぱパーク

桜新町駅まで行かず北進する。
広い公園があった。



◆駒沢高射砲陣地跡






google mapの位置はだいたい上の写真のところ辺り。
webで調べてもあまり詳しい情報は無かった。




パオン昭月

パン屋店名のフォントとこのたたずまいが良くて写真を撮った。
WEBで調べると「生クリームあんぱん」でかなり有名らしい。
季節限定らしい!?
食べてみたい・・・・。



◆駒沢地区会館



◆駒沢緑泉公園






◆蛇崩川水源(北中丸支流)



google mapのマークの位置はだいたい上の写真のところ辺り。
完全に人の家の敷地内だね。




◆駒沢はらっぱパーク





続く。