2020/03/31 洗足池散歩 06 池月橋/洗足八幡神社/桜(洗足池公園内)/桜山/洗足池弁財天/八つ橋/妙福寺

コチラはすべて洗足公園内。


◆池月橋







◆洗足八幡神社


神明宮



楽殿



名馬「池月」




 治承四年(1180)源 頼朝が石橋山の合戦に敗れて後、再起して鎌倉へ向かう途中ここ千束郷の大池(今の洗足池)の近く八幡丸の丘に宿営して近隣の味方の参加を待った。
 或る月明の夜に何処からか一頭の駿馬が陣営に現われ、そのいななく声は天地を震わすほどであった。家来達がこれを捕えて頼朝に献上した。馬体はたくましくその青毛は、さながら池に映る月光の輝くように美しかった。これを池月と命名し頼朝の乗馬とした。
 寿永三年(1184)有名な宇治川の合戦に拝領の名馬池月に佐々木四郎高綱が乗り、磨墨に乗った梶原源太景季と先陣を競い、遂に池月が一番乗りの栄誉に輝いた。と、史書に伝えられている。
 ここに名馬池月の銅像を造り、この名馬池月発生の伝承を永く後世に伝えようとするものである。



 池月とは「宇治川先陣物語」にある名馬の名である。 治承四年八月(1180)頼朝、相洲石橋山の合戦に敗れて安房に逃れこの地の豪族、千葉常胤(つねたね)、上総介広常、等の参向を得再挙して鎌倉に向ふの途次こゝ千束郷の大池に宿営し八幡丸の丘を本陣として近隣諸豪の参陣を待つ、折からの皓月(こうげつ)清水に映るを賞でつる折ふし何處方よりか一頭の野馬、頼朝の陣所に向って飛来 り嘶く声、天地をふるはすばかりであった。
 郎党之を捕へて頼朝に献ずるに馬体あくまで逞しく青き毛並に白き斑点を浮べ 恰も池に映る月影の如くであつた為之を池月と命名して自らの料馬とする。
 頼朝先に磨墨を得、今またこゝに池月を得たるは之れ征平の軍すでに成るの吉兆として勇気百倍し来れりと云ふ。士卒之を伝へて征旗を高く揚げ教声やまざりしとか。
 当八幡宮の別名を「旗上げ八幡と稱するはこの故事による。寿永三年春(1184)頼朝木曾義仲を京師に攻む。義仲字治、勢田の両橋を徹し河中に乱杭逆茂木を設けて寄手の渡を阻まんとす、この時鎌倉出陣に際し各々類朝に乞ふて賜りたる名馬二頭の中、梶原景季(かげすえ)は磨墨に、佐々木高綱は池月に打ちまたがり共に先陣を争った。史書に云ふ字治川先陣争いである。
 池月一代の晴れの場所でこの一番乗りの功名が今に至るまで名馬の誉れを伝へてゐる。
 この池月の誕生地が当八幡であって即ち池月発祥伝説の起こりである。
 古くより里人の間に語り継がれ大井町線の駅名に(今の北千束駅)、又町会名に もなってゐたが、今はない。 遠き治承の昔より光芒すでに八百秋、時代の変選と共にこの伝説の忘失を惜しみ誌して後世に伝へんとする。
 尚磨墨を葬せし磨豊塚は南馬込に現存する。
 氏子青年有志による池月太鼓は即ちこの伝説を太鼓に托したものであり毎年九 月の祭日に奉納されてゐる。
  池月の
     蹄(ひづめ)の音か
            揆(ばち)の冴え



鳥居1



鳥居2




◆桜(洗足池公園内)








◆桜山







◆洗足池弁財天



創建の年代は、不詳なれど、古来より洗足池の守護神として池の北端の小島に祀られていたが、長い年月の池中に没してしまっていた。その昭和の初め頃より数多の人々の夢枕 に辨財天が出現せられ、この事が契機となって御社殿建立 の話が具体化し、多くの人々の尽力によって、昭和九年七月洗足風致協会の手により築島遷宮(ちくとうせんぐう)の運びとなり、以来今日 に至る間、多くの参拝者に、右御神徳を授けられている。





◆八つ橋




◆妙福寺



こちら国の有形文化財とのこと。



小松稲荷


堂宇


馬頭観世音供養塔



 天保一一年(1840)に、馬込村千束の馬医師や馬を飼っている人々によって、馬の健康と死馬の冥福を祈って建てられたものである。
 光背をつけた馬頭観世音像の下は、角柱型の道しるべを兼ねており、各面には
   堀之内
「北     道」
   碑文谷


「東 江戸中延」

   池上
「南     道」
   大師

「西 丸子稲毛」
というように、東西南北のそれぞれの方向を示す地名が示されている。
 この銘文から、もとは中原街道と碑文谷ー池上を結ぶ道との交差する地点に建てられたと推定されるが、民有地に移された後、平成一三年に現在地に移設された。
 江戸時代後期の民間信仰、交通史を考える上で貴重なものである。



袈裟掛けの松






弘安5年9月(1282年)日蓮上人が身延山から常陸国(茨城県)に湯治に向かう途中、日蓮に帰依していた池上宗仲の館(池上本門寺)を訪れる前、千束池の畔で休息し傍の松に袈裟をかけ池の水で足を洗ったと伝えられる。この言い伝えから、この松を袈裟掛けの松と称することとなり、また千束池を洗足池とも称されるようになったといわれる。
天保期(1830〜1843年)の「嘉陵紀行」によれば、初代の袈裟掛けの松は「枝四面におおい長さ幹囲み三合がかり、高さ五丈あり」程あったと記されている。
なお現在ある松は三代目であると伝えられる。



続く。

2020/03/31 洗足池散歩 05 洗足流れ(池上用水)/池下橋/洗足池ファミリーロード/洗足池ボートハウス/社団法人洗足風致協会会館改築記念/洗足池公園/桜(洗足公園内)

この日記のエリアは洗足池ボートハウスから、すべて洗足池公園内。



◆洗足流れ(池上用水)






◆池下橋









◆洗足池ファミリーロード

上に乗ってるオブジェが可愛い。




洗足池公園
北千束の清水窪湧水などを主水源とする都内屈指の広さを誇る淡水池を有する公園である。歌川広重の「名所江戸百景千束の池袈裟懸松」にも描かれた水辺の景観の面影を今も残し、サクラ、紅葉など四季折々の豊かな自然を満喫することができる。
 また、平成30年度には東京都名勝に指定され、勝海舟夫妻墓所など歴史を伝える史跡のほか、ボートを楽しむ多くの人でにぎわっている。



◆洗足池ボートハウス

ここでボートを借りれる・・・・らしい。





◆社団法人洗足風致協会会館改築記念








大田区自然観察路「池のみち」
「池のみち」は、昔から景勝地として親しまれていた洗足池の周辺を整備した洗足池公園と、小池と呼ばれていた蓮池の周辺を整備した小池公園を巡るコースです。都会の貴重な水辺の周辺を散策しながら、四季折々の樹々や草花の変化、そこに暮らす野鳥やトンボなどの生態を観察してみましょう。




◆洗足池公園

右側の石碑は、「中原街道改修記念碑」



 区立洗足池公園は、清水久保湧水などを主な水源とする淡水池の佳景で古くからよく知られています。「洗足」 の名は日蓮聖人が手足を洗ったという伝承にちなむと言われています。
 江戸時代には数多くの文芸作品や絵画作品に取り上げられ、浮世絵師。歌川広重が描いた「名所江戸百景・洗足の池袈裟懸松」はことに有名です。
 明治二三年頃には、晩年の勝海舟が東岸に別荘「洗足軒」を築き、後に夫妻の墓地も造られました。公園近くの国登録有形文化財「旧清明文庫」は、昭和初期に海舟の遺蹟の建てられ、現在は区立勝海舟の遺蹟の保存などを目的に建てられ、現在は区立勝海舟記念館として活用されています。
 昭和五年に都市計画法に基づく「風致地区」に指定されると、同八年には地元有志が社団法人洗足風致協会)を設立し、現在まで積極的に環境保全活動を続けています。
 池の周辺には「平家物語」に登場する源頼朝の愛馬「池月」の伝承がある洗足八幡神社のほか、国登録有形文化財の「妙福寺祖師堂(旧七面大明神堂)」、厳島神社のある弁天島、三連太鼓の形状が印象的な池月橋、樹林帯の桜山・松山があり、二三区内でも有数の散策地として親しまれています。




◆桜(洗足公園内)






この木だけピンクと白いのが混ざっていた。
一応、ソメイヨシノのプレートがあった。






続く。

洗足池散歩 04 土地神の祠/石川台駅/洗足池2号踏切/永久橋/出穂山子育地蔵尊/庚申塔供養塔/洗足池駅

石川台駅の後は東急池上線沿いに東へ進み、洗足池を目指す。



◆土地神の祠





石川台駅

東急池上線石川台駅





◆洗足池2号踏切




すぐ脇に石川大駅がある。






◆永久橋

下は東急池上線
石川台駅からキツめの坂をあがる。









◆出穂山子育地蔵尊






庚申塔供養塔






洗足池駅

東急池上線洗足池駅



洗足池すぐ脇の高架。




続く。

2020/03/31 洗足池散歩 03 奥沢公園/東玉川小学校/柳橋/石橋供養塔/吞川清流の復活/石川橋/石川台歩道橋

だいたい、呑川緑道に沿って南下。
石川台駅を目指す。



◆奥沢公園




◆東玉川小学校

桜並木が綺麗なので写真を撮った。





柳橋










◆石橋供養塔




 安永三年(一七七四)に、雪ヶ谷村の浄心ら 六名の者が本願主となって、石橋の安泰を祈 って建てられた供養塔である。
 石橋は現存しないが、呑川を渡って中原街道を通るため、当時すでに石橋がかけられて いたことがわかる。
 正面に「南無妙法蓮華経」と題目が刻まれ、 側面に村内の日蓮宗円長寺の住職日善の署名 と花押が刻まれている。このように日蓮宗の色彩を帯びているのは、雪ヶ谷村の寺院がいずれも同宗であったという地域的な特色によ るものである。
 石橋供養塔は、他の民間信仰供養塔と兼ね たものが多いが、この塔は石橋の無事と通行人の安全という交通安全だけを目的として建てられたものであり、貴重である。




◆吞川清流の復活




洗足池
北千束の清永窪湧水などを主な水源とする都内屈指の広さを有する淡水池のある公園です。江戸時代、歌前広重の名所江戸百景「千足の池袈裟懸松」にも描かれた水辺の景観の面影を今も残しています。春は桜でにぎわい、秋には紅葉を満喫することができます。生物に目を向ければ、冬は渡り鳥の楽園となり、夏には水辺を飛び交うトンボなどの姿も見られます。

多摩川の排水口(中原幹線取水施設)
呑川は、豪雨の際に流れ込む雨水により増水し、下流域では度重なる浸水被害が発生していました。この対策として、呑川の増水した雨水を
バイバスして速やかに多摩川へ放流するため、中原街道の地下に下水道の中原幹線を昭和57年(1982年)に整備しました。中原幹線の完成によって、呑川の水位上昇はかなりおさえられ、下流域で水があふれることはなくなりました。

アオサギ
アオサギは、水田、川、湿地、河口などにすむ留鳥です。灰青色の大きなサギで、高い松林などをねぐらにします。「グワー、グワー」と鳴き、深い水深まで歩きながら獲物をさがし、くちばしでとらえます。呑川では、同じ領域で魚を狙うコサギが近づくと、アオサギが追い返す光景がよく見られます。

コサギ
コサギは、平地の川、水田、湿地、河口、入江などにすむ留鳥です。全身が白い中型のサギで、松林などをねぐらにします。浅い水の中で、石の下や水草の陰から魚などをとらえます。呑川にはボラなどの魚がすむ深みがあるため、コサギ等の野鳥がやってきます。



◆石川橋

右側の取水口には中原幹線取水口のプレートがあった。













◆石川台歩道橋







続く。

2020/03/31 洗足池散歩 02 弁天神社/工大橋/上吞川児童公園/石川神社/堺橋/祠/大音寺

東急線を渡る地下道(前の日記の「吞川本流緑道工大橋通路」)を通って南側に出る。
そのあとはそのまま南下。


◆弁天神社


境内社





◆工大橋



目黒区みどりの散歩道
みどりの散歩道は「まちを見る、知る、耕す』をーマに、季節の花や木などの身近な自然を楽しみながら、目黒区の歴史や風土を知り、再発見しながら、目黒区内を散策できるように設定された散歩道です。目黒区内に設定された9コースをそれぞれ地図や写真等で紹介したコースガイドを作成しています。
みどりの散歩道のコースガイドを持って、四季折々の目黒のまちを散歩してみませんか。

キセキレイ
キセキレイは、川、湖沼、池などの近くにすむ留鳥で、腹部が黄色で尾が長く、軒下や石垣の間、庭木の茂みに巣をつくる鳥です。
「チチンチチン」と鳴きながら、大きな波形をえがいて飛びます。尾を上下にふりながら歩きます。山地の川の源流域で見られる野鳥ですが、呑川
でもよく見られるようになりました。





◆上吞川児童公園



◆石川神社



境内社



鳥居


参道1


参道2


参道上から



◆堺橋

下は呑川






◆祠



google mapにも載っておらず、何が祀られているのかわからない。




◆大音寺

google mapには境内に「朝鮮丸砦跡」というのもあったが説明板などなにもなかった。
WEBで調べると・・・
『かつて「朝鮮山」とも呼ばれ、世田谷城の吉良氏家臣であった大平氏の砦があったとも考えられるそうです。』
とのこと。
朝鮮丸砦 | 吉良氏家臣、大平氏の砦跡と考えられる – 日本の城巡り | MARO参上



山門



参道入口







続く。

2020/03/31 洗足池散歩 01 日比谷公園/大岡山駅/大岡山北口商店街/東工大蔵前会館前の桜並木/吞川緑道/吞川本流緑道工大橋通路

24時間勤務アケで、まず日比谷公園で一人花見する。
その後は



日比谷公園

東京駅で降りて日比谷公園まで歩いた。
ここは桜の名所ということになっているがそんなに桜があるわけではなかった。
残念・・・・。









この花はなんという名前だろう?
綺麗だった。




都営三田線内幸町から東急大岡山駅へ。
乗り換えなしで行けた!!




ここからは東急大岡山駅から東急石川台駅を経由で東急長原駅まで散歩。

大岡山駅北側エリアを西に進む。



大岡山駅

スタートの東急目黒線大井町線大岡山駅
ここは東京工業大で一般公開があったときに利用したことがある。




◆大岡山北口商店街

駅前の商店街。
こちら中は通らなかった。



東工大蔵前会館前の桜並木






◆吞川緑道










東工大とひょうたん池

東京工業大学は理工系 の国立大学であり、広 く明るいキャンパスの 中に、桜の老木が多い。 香川のそばにあるひょ うたん池にはコイ、カルガモセキレイがいる。林には野鳥も多い。



◆吞川本流緑道工大橋通路

ここを通って東急線の向こう側へ。



東急好きならここは良い場所かも(w




続く。

2020/03/28 新木場駅前の桜/東京駅/28日と29日の総武線(市ヶ谷~飯田橋)

コロナウィルスが猛威を振るっており、小池都知事からもお出かけ自粛輿王政が出ていた。
水・木の桜めぐりで少し疲れていたのもあったので、まっすぐ家に帰ることにした。
ちょっとだけ、撮影。



新木場駅








◆東京駅

土日ならディズニーランドに行く人でいっぱいのはずなのだが、休園してからガラガラ。
日本の経済は大丈夫なんだろうか・・・・・。



28日の総武線(市ヶ谷~飯田橋
youtu.be





29日の総武線(市ヶ谷~飯田橋
youtu.be
この季節にこれだけ雪が舞うのは珍しい。
出勤前に撮影。
結局今年は同じ場所を3回も動画を撮ってしまった(w