2021/12/16 新橋散歩 03 芝口御門跡/博品館/銀座煉瓦街の碑/金春通り/銀座全線座跡/金春屋敷跡

少し銀座七丁目あたりを巡って新橋駅でゴール。




◆芝口御門跡

二度来たことがある。
2017/08/05 02 銀座散歩 02 芝口御門跡/博品館油圧エレベーター/金春屋敷跡 - ovanの社会科見学

2020/12/05 築地・銀座散歩 07 三十間堀跡/芝口御門跡/新橋駅/浜松町駅/竹芝桟橋/勝男/阿佐ヶ谷駅前イルミネーション - ovanの社会科見学





 ここの南方、高速道路の下には、もと汐留川が流れ、中央通り(旧東海道)には、昭和三十九年まで新橋が架かっていました。
宝永七年(1710)、朝鮮の聘使(へいし)の来朝に備えて、新井白石の建策にもとづきわが国の威光を顕示するため、この新橋の北詰に、現に外桜田門に見られるような城門が建設されて、芝口御門と呼ばれ、新橋は芝口橋と改称されました。
 城門は橋の北詰を石垣で囲って枡形とし、橋のたもとの冠木門から枡形に入って右に曲がると、渡櫓があって堅固な門扉が設けられていました。しかしこの芝口御門は建築後十五年目の享保九年(1724)正月に焼失して以来、再建されず、石垣も撤去され、芝口橋は新橋の旧称に復しました。











博品館

一度来たことがある。
珍しい油圧式エレベーターがあったので乗ってみたんだった。
今回は中に入らなかった。
2017/08/05 02 銀座散歩 02 芝口御門跡/博品館油圧エレベーター/金春屋敷跡 - ovanの社会科見学











◆銀座煉瓦街の碑


f:id:ovanrei:20220110140951j:plainf:id:ovanrei:20220110140954j:plainf:id:ovanrei:20220110140958j:plain
 銀座は日本に二箇所しか建設されなかったきわめて貴重な煉瓦街の一つです。もう一つは丸の内の煉瓦街でした。しかし今日では残されたこうした遺構から明治時代の煉瓦街を窺い知るほかはありません。
 設計者はトーマス・ジェイムス・ウォートルスというイギリス人です。フランス積みで、明治五年から十年にかけて当時の国家予算の四%弱を費やし、延べ一万メートル余もあったといわれています。
 この煉瓦は銀座八丁目八番地(旧金春屋敷地内)で発掘されたものでゆかりの金春通りに記念碑として保存される事になりました。
 下の絵は、明治初期のガス灯や張り板、提灯など当時の金春通り煉瓦街を偲ばせる古い写真を元に銅板に彫金したもので、見る角度により昼夜の陰影が出るよう微妙な細工が施されております。












◆金春通り

商店街♪
道路左側に上記の「銀座煉瓦街の碑」がある。











◆銀座全線座跡

この建物は銀座全線座と称し、樋口大祐が建築士所有した映画館で、昭和13年より昭和53年までその特徴ある風趣な外観が道行く人々に親しまれた
茲(ここ)に末永く記念する。


コチラに沿革が載っていた
沿革 | 全線座株式会社












◆金春屋敷跡

一度来たことがある。
2017/08/05 02 銀座散歩 02 芝口御門跡/博品館油圧エレベーター/金春屋敷跡 - ovanの社会科見学



 江戸時代、幕府直属の能役者として知行・配当米・扶持を与えられていた家柄に、金春(こんぱる)・観世(かんぜ)・宝生(ほうしょう)・金剛(こんごう)の四家がありました。能楽室町時代に足利幕府の保護奨励を受けて発達し、安土桃山時代には熱心な愛好者であった豊臣秀吉の保護を受け大いに興隆しました。
特に、金春家は秀吉の強力な保護を受け、能楽の筆頭として召しかかえられました。江戸幕府も秀吉の方針を踏襲して能楽を保護し、金春・観世・宝生・金剛の四座を幕府の儀礼に深く関わる式楽と定めました。
元禄六年(1693)頃の江戸市中の状況を記した「国花万葉記」によると、金春大夫は山王町(現在の銀座)・観世大夫は弓町(現在の銀座)・宝生大夫は中橋大鋸町(現在の京橋)・金剛大夫は滝山町(現在の銀座)に屋敷を拝領していたとされています。
 金春家は、寛永四年(1627)に屋敷を拝領したといわれ、寛永九年(1632)の江戸図『武州豊嶋郡江戸庄図』には「金春七郎」の名を確認することができ、現在の銀座八丁目六・七・八番地全体を占めていたように図示されています。後に、この屋敷は麹町善国寺寺谷(千代田区麹町三・四丁目)に移りましたが、跡地には芸者が集り花街として発展していき「金春芸者」といわれるようになりました。金春の名は、「金春湯」・「金春通り」などとして、今もこの地に残っています。











新橋駅まで戻ってきて散歩終了。
その後で友人と呑み♪
新橋はホント、飲むのにいい場所だね(w
ほんとに史跡が多いね・・・・。